ハロウィンの由来!発祥の国や日本に根付いた理由にていて考察!

この記事は2分で読めます

こんにちは!

夏が終わりに近づくと街はすっかりハロウィンモード
あちこちにかぼちゃやお化けのディスプレイが並んでいます。
私が子どもの頃はハロウィンなんてなかったけどな~、と感じているママさんも多いのではないでしょうか。
日本にもすっかり定着したハロウィンですが、その意味や由来、いつ頃から日本で行われるようになったのか、知っていますか?
ハロウィンパーティーがしたいよぉ、と言っている子どもたちにもハロウィンがどんなイベントなのか説明してあげてくださいね。

ハロウィンの由来


ハロウィンとはもともとヨーロッパを起源とする民俗行事です。
カトリックの諸聖人の日、万聖節(11月1日)の前日、10月31日に行われるお祭りです。
秋の収穫を祝って、悪霊などを追い出す宗教的なお祭りです

万聖節の前の日(10月31日)のことをAll Hallow Eveと呼んでいました。
それが訛ってHalloweenとなりました。
すべての聖人や殉教者を記念する日で、日本で言うなら、お盆のようなものですね。
しかし死者と共に悪霊もやってくるため、悪霊を追い払うために仮装しました。
子どもたちは仮装して近くの家を訪ねて「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」と唱えて、お菓子をもらい歩きます。

発祥の国


ヨーロッパを起源とするハロウィンですが、もともとは2000年以上昔のケルト民族の儀式の一つでした。
サウィン(Samhain)祭といって、秋の収穫を祝って悪霊を追い払うお祭りでした。
古代ケルト時代、1年は昼の長い時期と昼の短い時期の二つに分けられていました。
その境目となる10月31日が1年の終わりでした。

新年を迎える儀式とともに、夜には死者の為のお祭りをしていたのです。
しかし死者と共に悪霊たちもやってくると考えられていたので、その悪霊を追い払うために仮装したりたき火をして追い返そうとしていたのです。
仮装して人を驚かすのはこんなところに由来があったのですね。

カトリック系民族がケルト民族を支配するようになって、ケルト民族のお祭りであったサウィン祭りが姿を変えてハロウィンとして今に残っているのです。

スポンサードリンク

日本に根付いた理由


ヨーロッパ起源のハロウィンですが、日本にやってきたのはアメリカ経由だと言われています。
ヨーロッパからアメリカに渡った時点で、宗教色はかなり薄まり、お祭りの部分が大きくなっていました!
そのアメリカから日本に伝わったので、仮装して遊ぶイベント、としての意味あいが強くなったようですね!

とはいってもすぐには定着しなかったハロウィンですが、今では9~10月にかけてハロウィン色が強いですよね。
これにはディズニーランドユニバーサルスタジオジャパンなどのテーマパークの影響が強いと考えられます。
クリスマスまでの間、目立ったイベントがない季節だったので、集客するのに便利だったのですね。

また普段とは違った仮装が出来ることから、子ども達の間でも人気が出てきました!
魔女やかぼちゃの仮装、アイテムを使って簡単に仮装ができます。
子ども向けの英語教室でも、英語圏の文化を体験するイベントとして積極的に取り入れられてきました。
宗教行事ではなく、仮装して楽しむイベント、お祭りとして受け入れやすかったのです。

まとめ

2000年ころから日本で定着し始めたハロウィンですが、その経済効果は1120億円とも、それ以上とも言われています。
子どものお祭りと言うだけでなく、コスプレの衣装や小物、お菓子など楽しむ余地が沢山あるのも魅力の一つです。
大人も仮装したり、メイクをして楽しめるイベントはそうそうありませんよね。
魔女やかぼちゃだけでなく、人気アニメのコスプレもこの時期なら恥ずかしくありません。

かぼちゃをくり抜くペポかぼちゃもハロウィンによって日本に持ち込まれたようなもの。
お祭りとして楽しむだけでもいいのですが、せっかくなら子どもたちにハロウィンの由来やもともとの意味を教えてあげて、家族みんなで楽しみたいですね。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。