ボジョレーヌーボーの解禁日とは?2017年はいつ?味の違いや値段について考察

この記事は3分で読めます

こんにちは!

今年もボジョレーヌーボーの解禁日が迫ってきました!!
ボジョレーヌーボーの解禁日といえば、日本だけでなく世界規模で盛り上がるイベントと言っても過言ではありませんよね。

でもちょっとまって!!
あなたはボジョレーヌーボーのこと、どこまで知っていますか??
せっかくなので、ボジョレーヌーボーについて知識を深めてみてはいかがでしょう??
解禁日の秘密味や値段の違いなど、知っていると一目置かれちゃうかも!?な知識をまとめてみました♪

ボジョレーヌーボーってどんなワイン?

そもそもボジョレーヌーボーってどんなワインなんでしょう??
ボジョレーヌーボーはフランスブルゴーニュ地方ボジョレー地域で作られ、その年に収穫されたブドウをその年に仕込んだ新酒のこと!
新酒のことをヌーボーって言うんだそうです!

つまり、ボジョレーヌーボーとは、ボジョレー地域で作られた新酒のことを言います。

ちなみに、ボジョレーヌーボーは赤ワインにのみ使われる名称なんですよ♪

 

2017年のボジョレーヌーボーの解禁日!

毎年ニュースにもなるボジョレーヌーボーの解禁日は、元々はその年のブドウの出来をチェックすることが目的で、主にワイン業者が顧客となって行われていたものなんです。
それがいつしか、新酒を大々的に売る販売戦略の一環として一般的なイベントになっていったそうです。

解禁日は11月第3木曜日と決められていて、今年は11月16日が解禁日です!!

なぜ11月第3木曜日が解禁日なのかと言うと、1984年にフランス政府が設定したもので、それ以前はサンタルベール(聖人の日)で縁起が良いという理由から、11月15日が解禁日でした。

しかし日付を固定してしまうと、年によっては土曜日や日曜日が解禁日になってしまい売り上げに影響が出てしまいます。
フランスでは日曜日はワインショップやレストランが休みと言うところが多いので、せっかくの解禁日が土曜日や日曜日だと盛り上がらないんですよね。
これを打開するために設定された解禁日が11月の第3木曜日ってわけなんです!

 

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーの味の違い

ボジョレーヌーボーの解禁に伴いニュースを騒がせるのが、ボジョレーワイン委員会の品質予想や酒販業者による味の評価です。
皆さんも「100年に1度の出来」なんて評価を耳にしたことがあると思います。
この評価が結構面白くて、100年に1度の出来と評価された翌年には「100年に1度を上回る出来」と評価され、そのまた翌年には「100年に1度と評価された一昨年をしのぐ」といった流れになってみたり(笑)
過去にないほどの出来だった昨年に迫る」と言う感じで雑なんですよね。
それがまた面白くて話題になっているんですけどね。

そして気になる今年は…
「豊富な日照量と理想的な降水量によって畑に衛生状態は非の打ち所がない。期待できるヴィンテージ」
だそうです。

今年もそうですけど、近年のはやりは「エレガント」や「ヴィンテージ」といった単語を使うことみたいです(笑)

値段について

さて、一口にボジョレーヌーボーと言っても、その値段は様々です。
この理由、分かりますか??

理由は大きく2つで、1つは生産者や畑の違い
もう1つは日本への輸送コストの違いなんだそうです。

生産者や畑が違えば、多少なりとも品質に差が出てしまうのは当たり前!!
また、生産者の契約先の大きさで日本への輸送コストも変わってきます。

そういった理由から、同じボジョレーヌーボーでも価格が変わってくるんだそうです
また、ボジョレーヌーボーには通常のものよりもワンランク上のボジョレーヴィラージュヌーボーなるものがあるんだそうです。
こちらは通常のボジョレーヌーボーよりも厳しい基準に合格したものだけに与えられる名称です。
日本のお米でも、同じコシヒカリでも魚沼産のものの方がラランクが上で値段が全然違う!なんてことがありますよね。それと同じです!
同じボジョレーヌーボーというワインでも、実際には様々な味の違いがあることを覚えておくと、実際に飲むときに味わい深いですよ♪

飲み比べをしてみても面白いかもしれません!!

まとめ

以上、ボジョレーヌーボーの今年の解禁日とちょっと使える豆知識でした!
今年の解禁日にはこれらのことを思い出して飲んでみると、いつもとはちょっと違ったボジョレーヌーボーを味わえるかもしれませんね♪

是非、解禁日には美味しく飲みましょうね!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。