2017年インフルエンザの時期!今年の症状や予防接種、対策について!

この記事は2分で読めます

こんにちは!

毎年寒くなってくるとインフルエンザの予防接種が始まりますね!
風邪と似たような症状ですが、かかってしまうと1週間近く休まなくてはいけない厄介な病気です。
私も、昨年人生で初めてかかって苦しかったのを今でも覚えています、、、

今年はかからないために、またかかっても軽い症状で済むように予防接種について調べてみました。
2017年のインフルエンザの流行時期気になる症状対策についても紹介します。
今年はインフルエンザにかからないように、冬を乗り切りましょう!

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種をすることで、体内に免疫ができると言われています!
大人の場合は1回の予防接種でも効果はありますが、小さい子どもの場合は2回接種する方がより効果があるみたいですよ
免疫ができてから5ヶ月月ほど効果は持続しますが、最近は流行時期が長期化しています。
間隔をあけて予防接種することで、予防できる期間が長くなるというメリットがあります。

さらに予防接種を受けたからといってすぐに免疫ができるわけではありませんので注意です!
免疫ができるまでに4週間程かかると言われています!
流行してきた、と感じて急いで受けてもすぐには免疫ができないのです。
予防接種が10月頃から受け付けられているのは、そのためなんですね!

インフルエンザの予防接種をしたからといってインフルエンザにかからないわけではないので注意ですよ。
・免疫力がつくので、インフルエンザにかかりにくくなる
・インフルエンザにかかっても軽症ですむ(重症化しないようにする)
等の効果があると言われています。
予防接種をしたのにインフルエンザにかかってしまった。
これは予防接種の効果がないのではなく、この程度の症状で済んだ(予防接種していなかったらもっとひどい症状だった)と言うことみたいです!

 

スポンサードリンク

インフルエンザの流行時期

毎年12月頃からインフルエンザの流行が始まっています
しかし最近は10月頃から流行が始まり、1~3月がピークと予想されているので気を抜けませんね!

インフルエンザウイルスはかかってすぐに症状が現れるわけではないみたいです
しかし潜伏期間中でも感染させる力を持っている、怖いウイルスなので体調が悪くなくても注意ですね!
通常なら1~3日程で発症しますが、長い場合は7日ほどかかることもあるみたいです
あなたの周囲にインフルエンザが広がり始めたら、知らない間に感染している可能性が、、、、

気になる症状と対策

風邪と間違いやすいインフルエンザですが、どのような症状が出るのでしょうか?

急な高熱

昨日まで元気だったのに急に38度越えの熱が出た。

全身がだるい

体全体を覆うような倦怠感があります。

インフルエンザは飛沫感染接触感染でウイルスがうつるとみたいです、、、
飛沫感染を防ぐためには、マスクが有効的と言われています。
接触完成を防ぐためには、手洗いうがいが有効と言われています。
いずれも自分の身は自分で守る意識を持つ事が大事なんですね!
ただあくまで予防なので意識していてもかかる時はかかりますよ

体内に入ってきたインフルエンザウイルスと戦うのは、自己免疫と言われています!
自己免疫力が高いと、ウイルスにかかっても発症しにくかったり軽症で済んだりします。
ちなみに自己免疫力を高めるためには、、、

・規則正しい生活
・早寝早起き
・腸内環境を整える

などの体調管理が重要ですね!
当たり前の事ですが、しっかりと食べてよく眠る、規則正しい生活を普段から意識する事が大事になりますね!

まとめ

予防接種は予防には有効ですが、万全ではないようです!
流行の兆しが見える前から、体調を整えて規則正しい生活をして自己免疫を高めること、
さらに予防接種をすることで、インフルエンザにかかりにくい体になりにくと言われています!
乾燥した季節はウイルスが大好きな環境です。
室内を適度に加湿換気して、元気に冬を乗り切りることでインフルエンザともおさらばしましょう!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。