初詣の意味や作法!いつからいつまで?神社と寺の違いとは?

この記事は2分で読めます

こんにちは!

もういくつ寝るとお正月~♪
新年はいつになっても楽しみですね。さて今年はどこに初詣に行こうかな?
初詣といえば神社を思い浮かべますが、お寺でもいいのでしょうか?
今回は初詣の意味や作法、さらに初詣とはいつまでに行けばいいのでしょうか?
神社とお寺の違いも併せて紹介します。

初詣の意味

新年が明けて初めてのお詣り、初詣!
毎年なんとなく初詣に行っていましたが、改めて考えると、どうして初詣に行くのでしょうか?

昔からその地域を守ってくださっている氏神様をお祀りしているのが、地域の神社です。
初詣とは、地域を守ってくださっている氏神様へ、改めて今年1年の平安をお願いしに行くことです。
合せて去年1年を無事に過ごせたことへの感謝も伝えましょう。

最近では有名な神社やお寺にお詣りする人が増えています。
交通網の発達で遠くまでお詣りできるのですが、まずは地元の地域を守ってくださっている氏神様へのご挨拶が大切です。

初詣の作法

せっかく神様にご挨拶に行くのですから、正しい作法に則りましょう。
神社と寺社では違いがあるのでしっかりと違いを理解しておきたいですよね!

神社

⒈鳥居の手前で衣服を整え、軽く一礼します。
⒉参道の真ん中を避けて、左右どちらかを通って手水舎へ行きます。
⒊柄杓を使って手と口を清めます。
⒋本殿に進み、軽く一礼します。
⒌お賽銭はそっと入れます。投げつけないようにしましょう。
⒍鈴を鳴らして、神様に合図を送ります。
⒎深く二礼、そっと二拍手、お祈りをしてから、そっと一礼します。

寺社

⒈山門の手前で衣服を整え、軽く一礼します。敷居は踏まないようにしましょう。
⒉柄杓を使って手と口を清めます。
⒊鐘楼があれば鳴らします。行くときだけ鳴らします。帰る時にならすのは縁起が悪いです。うっかり鳴らした場合は、もう一度お詣りしましょう。
⒋ろうそくやお線香に火をつけて供えます。
⒌お賽銭はそっと入れます。投げつけないようにしましょう。
⒍そっと手を合わせて、合掌します。
⒎軽く一礼します。

 

スポンサードリンク

初詣はいつからいつまで

新年があけてすぐのお詣りから初詣になるのでしょうか?
いうなれば、新年があけて初めてのお詣りが初詣です。
早い人は年末からお詣りにいきます。そのまま年を越した場合は、二年詣りといって縁起を担ぐ人もいます。

正月三が日、とはよく言いますが、その時期は人で混雑します。
忙しくて行けない人もいますね。
厳密にはいつまでに行かないといけない、と言う決まりはありません。
新年があけて、はじめてのお詣りが初詣です。
例え二月だろうと、三月だろうと、それが今年初めてのお詣りなら初詣になるのです。

そうはいっても、縁日や甘酒の振る舞いがある、正月三が日が初詣の雰囲気も出ていいですね。
正月飾りのある松の内に行くほうがいい、という地域もあります。
あくまでも目安と考えるといいですね。

神社と寺の違い

初詣には神社とお寺、どちらに行ったらいいのでしょうか?

神社

神様を祀る。鳥居がある。二礼二拍手一礼でお詣りする(例外もあり)。

仏様を祀る。仏像がある。静かに手を合わせる(合掌)。

結論から言うと、初詣に行くのは神社でもお寺でもOKです。
もともと日本は神仏習合といって、神様も仏様も一緒にお祀りしていました。
明治時代に神仏分離が行われて神社とお寺が別々にされましたが、それまでは同じ境内に神社とお寺があることも珍しくありませんでした。
昔から日本人は宗教に寛容だったのですね。

まとめ

今でも初詣はどこ!と決まりはありません!
神社でもお寺でもOK。両方お詣りしても構いません!
1日にいくつもはしごするのはいかがなものか、と言う意見もありますが、七福神めぐりなどもあるので、初詣を楽しみましょう。

まずは地元の神さまにお詣りしましょう!
ただ、有名な神社仏閣に初詣に行くほうが御利益がありそうな気がしますよね。
しかしまずは地元で私たちを見守ってくださっている氏神様へお詣りしましょう。
お正月がお仕事の人も増えています。
自分がいけるタイミングで構わないので、新年のご挨拶をしたいですね!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。