年越しそばの由来とは?食べるタイミング!縁起の良い具について考察

この記事は2分で読めます

こんにちは!

もうすぐお正月ですね。
おせち料理や正月飾りの準備をしていると、気分はすでにお正月。
1月1日のことを考えていたら、おっとうっかり。12月31日に年越しそばを食べるんだった!
ところでどうして年越しにおそばを食べるのでしょうか?
年越しだから年をまたいで食べるのかな?
年越しそばを食べる時にのせると縁起のいい具についても調べてみました。
今年は縁起のいい年越しそばで、新年を迎えましょう!!

年越しそばの由来

特にそばが大好き、と言う訳でなくても、なんとなく食べてしまう年越しそば。
若者にはラーメンも人気らしいですが、大晦日には「年越しそば」が定番ですよね。
なぜそばを食べるのでしょうか?

そばを食べていると、よく切れるなぁ、と思ったことがありませんか?
他の麺に比べて切れやすいそばにあやかって「今年1年の厄(良くなかったこと)を断ち切る」という意味が込められています。
江戸時代にはこの風習が広まったと言われています。
確かに良くなかったことは旧年に置いておいて、新しい気分で新年を迎えたいですよね。

またそばは細く長いので、長寿を願う意味もあります。
痩せた土地でも育つそばは、逆境や苦境に負けないイメージもあります。今がつらくても来年はリベンジ!な気分でそばを食べて新年を迎えましょう。

年越しそばを食べるタイミング

年越しそばですから、除夜の鐘を聞きながら、年越しの時間に食べるのがいいのでしょうか?
軽く夕食を食べておいて、夜食に年を越しながらそばを食べる人もいます。
夕食の時に一緒にそばを食べる人もいます。
そばで有名なお店に朝から行ったり、お昼に食べる人もいます。
1年の厄を払う、という意味では除夜の鐘を聞きながら、去る1年を思い出しながら食べるのがよさそうですが、特に決まりはないようです!!

寝る前にそばを食べると体に悪そう、と感じる方もいるかもしれませんね。
でも大丈夫です!!
そばは消化に良く、胃もたれしにくいです。
ビタミンB1が豊富で疲労回復効果アルコールの分解を助けてくれます。
年末だからといって食べすぎた胃にも体にも優しい食品なのです。
一部地域では、年が明けて1月1日に年越しそばを食べることもあるようです。

 

スポンサードリンク

年越しそばの縁起の良い具


年越しそばはにあう、縁起のいい具はあるのでしょうか。
【エビ】
おせち料理にも入っているエビ。
天ぷらそばにはエビが欠かせませんね。
年を取っても(腰が曲がっても)長生きできますようにと言う意味が込められています。

【とろろ昆布】
こちらもおせち料理でおなじみの昆布からできた、とろろ昆布。
よろこぶ(昆布)にかけて、いただきましょう。

【ニシン】
ニシンそばもよくありますね。
ニシンは数の子の親です。子宝に恵まれますようにという意味が込められています。
とくに関東、京都ではニシンそばが人気です。

【カモ】
「鴨が葱を背負って来る」と言うほど、カモとネギ、そばは相性がいいです。
嬉しいことがWでやってくる、という意味があります。

【金粉】
金細工師が散らばった金を集めるためにそば粉を使ったことから、「金が集まる」金運アップを願う意味もあります。
金粉入りのそばもありますよね。

縁起がいい具とはちょっと違いますが、
・大根おろし 消化を助ける
・ネギ    ビタミンB1の吸収が良くなって疲労回復効果アップ

が期待できます。
ネギを箸代わりに使って食べる地域もあるようです。

まとめ

年越しそばで良い年を迎えましょう!!
除夜の鐘と共に食べる人が多いようですが、小さい子どもさんがいる場合は、夕食に一緒に食べてもいいですね。
年越しそば、広い意味で大晦日に食べるといいかな。
縁起のいい具を用意して、もうすぐやってくる新しい年を迎えましょう。

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。