お焚き上げの意味や由来とは?時期やマナーについても考察 

この記事は2分で読めます

こんにちは!

今年も無事にお正月を迎えることができました。
しめ飾り門松など、神様をお迎えするための飾りつけですが、さて年が明けた後はどうやって処分したらいいのかしら?
燃えるゴミとして捨てるのも、なんとなく抵抗がありますよね。
近くの神社で「お焚き上げ」をしてくれると聞いたのですが、どんな意味があるのでしょうか?
気になるマナーについても調べてみました!!

お焚き上げの意味

「お焚き上げ」、いわゆるお正月用品を燃やす行事のことです。
「とんど焼き」「どんど焼き」「左義長(さぎちょう)」とも呼ばれます。

年末に歳神さまは我が家に来てくださいます。
その際の目印がしめ飾りや門松です。
家に来てくださった歳神はずっと家にいらっしゃるのでしょうか?
いえいえ、歳神さまも自分の家に戻ります。
歳神さまはお焚き上げ(どんど焼き)の煙に乗って天に戻ると言われています。
火は穢れを清める意味もあります。
歳神さまをお迎えするために用意したしめ飾りなどを焼く煙に乗って、歳神さまは帰って行くのです。

また書き初めの紙がお焚き上げの火にあおられて天高く上ると、
・字が上手になる
・勉強が良く出来るようになる

とも言われています。
ぜひ今年の書初めを持って行きましょう。

長い棒に刺した餅を焼いている風景も目にします。
お焚き上げの火で餅を焼いて食べると、この1年元気に過ごせると言われています。
まだお正月のお餅が残っている時期なので、ぜひ焼いて食べたいですね。

焼けて残った灰を家の周りにまくと病気にならないとも言われています。
う~む、都会の我が家ではこれはちょっと難しいかも。

 

 

スポンサードリンク

お焚き上げの由来


鎌倉時代にはすでに行われていたと言われる、お焚き上げ。
平安時代に宮中で行われた「左義長」が原型と言われています。
1月15日に宮中で、青竹を3本むすんでその上に扇子や短冊を置きました。
陰陽師がそれを焼いて一年の吉凶を占ったと言われています。
青竹を毬杖(ぎっちょう)といいます。
3本の毬杖、三毬杖(さぎっちょう)が左義長(さぎちょう)になったと考えられます。

お焚き上げの時期

歳神さまが戻って行かれるので、お焚き上げは小正月に行われることが多いです。
小正月とは、旧暦で今年初めての満月のことです。
真ん丸お月様は縁起がいいとされていますよね♪
しかし!最近では土日に行うことも増えています。1月15日に一番近い土日や、成人の日に行われることもあります。

いつ行われるかは、地域の神社や自治体に確認してくださいね!

お焚き上げのマナー

お焚き上げには何を持って行くといいのでしょうか?
・しめ縄やしめ飾り
・門松
・書初め

などお正月に使ってものを焚き上げます。
留め金や針金、ビニールや橙など燃えないものは事前に外していきましょう。

お守りやお札もよさそうなものですが、基本的にはお正月に使ったものをお焚き上げします。
気になる人は、お焚き上げをする神社や自治体に相談しましょう。
御札納め箱などもあるので、お焚き上げではなくそちらに返してもいいですね。

ちなみに我が家近くの神社では、お手伝いの人が持ちこまれたものをチェックしていました。
針金や橙などはずしてから持ってくるように指導されましたよ。

まとめ


歳神さまを迎えるために用意したものですから、最後まで丁寧に扱いたいですね。
近くでお焚き上げをしていない、日程が合わない人は燃えるゴミとして処分しましょう。
その時も半紙で包んで感謝してから捨てるようにしたいですね。
今年一年も無事に過ごせますように。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。