平安神宮で初詣!歴史やご利益、アクセス方法や混雑する時間帯について考察

この記事は2分で読めます

こんにちは!

京都で人気の初詣先と言えば、平安神宮ですよね?
人気があるだけあって、正月三が日の人出はすごいものがあります。
今回は平安神宮の歴史やご利益、迷わないためのアクセス方法や混雑する時間帯を紹介します。

平安神宮の歴史


平安神宮と聞けば、平安時代からある神社なのかと思いますよね。
しかし意外と歴史は浅く、1895年(明治28年)に平安遷都1100年祭の時に創建されました。
社殿は平安京の朝堂院の5/8サイズで忠実に再現されています。
大極殿応天門蒼龍楼白虎楼などは明治28年創建当時のまま今に伝わっています。
明治時代に作られた平安神宮ですが、国の重要文化財に指定されています。

毎年10月22日に行われている時代まつりも、平安遷都1100年祭を祝う行事として始められました。
明治時代から平安時代へと衣装をさかのぼる行列は、京都らしくて見物客が大勢やってきます。
京都の中では意外と歴史が浅くて、ちょっとびっくりですね。

平安神宮のご利益


明治時代に作られた平安神宮には、、、
第50代:桓武天皇
第121代:孝明天皇が祀られています。
桓武天皇は平安京に遷都した天皇ですね。
孝明天皇は京都にいた最後の天皇です。

平安神宮は陰陽道によって選ばれた、素晴らしいパワースポットに作られています。
邪気が入り込まず、幸せや長寿、病気にもならないと言われている場所です。
平安神宮は、、

・縁結び
・開運招福
・商売繁盛
・厄除け
・学業成就

などの御利益が期待できます。
龍穴と言われるパワースポットの上に出来ていると言われる平安神宮。境内にたたずむだけでも自然のパワーを分けていただけるような気になります。
大きな朱塗りの鳥居がありますが、そこからゆっくりと平安神宮に向って心を落ち着け乍ら歩いてみるのもいいですよ。

 

スポンサードリンク

アクセス方法


平安神宮は電車でも車でも行きやすい場所です。
【住所】京都市左京区岡崎西天王町97
【アクセス】
★電車

JR京都駅、阪急河原町駅から市バス5系統に乗って平安神宮前で下車
京阪三条駅、神宮丸太町駅から徒歩15分
地下鉄東山駅から徒歩10分

★車
名神高速道路 京都東ICから約20分
境内には駐車場がないので、周辺の有料駐車場に停めてお詣りしましょう。
混雑が予想されるので、正月三が日などは電車の方がいいかもしれません。
岡崎公園の駐車場は506台収容可能。ここから平安神宮まで歩いても楽しいですよ。

混雑する時間帯

毎年40万人もの人が初詣にやってくる平安神宮。
境内で年越しをしようと12月31日23時ころから1月1日の未明まで参拝者が多く訪れます。
1月1日の日中もやはり人手が多いですね。
しかし人出の割に混雑を感じにくいのは、境内が広いからです!!!

お正月三が日にお詣りしたい人は、9時まで16時以降など時間をずらしてお詣りしましょう。

お正月の参拝時間は、、、

12月31日 終夜
1月1日  〜20時
1月2、3日 6:00~19:30
1月4、5日 6:00~18:30
1月6日以降 6~17時までです

大晦日には回廊の吊灯篭に明かりが灯ります。幻想的な雰囲気の中でお詣りできるので、ぜひ一度は行ってみたいものですねー。
1月1日12:30からは初能奉納が行われるので、人混みが苦手な人は避ける方がいいですね。
儀式殿で行われる奉納は誰でも見ることができますよ♪

まとめ


境内や参道には多くのお店が出ています。
お詣りをした後で、ゆっくりとお店をのぞくのもいいですね。
時間があればぜひ神苑にも足を延ばしてみてくださいね♪
料金が必要ですが、国指定の名勝をゆっくりと眺めるのも縁起がいいと思いませんか?
新年の始まりを平安神宮で過ごしてみてください♪
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。