【2018節分の日】神奈川おすすめイベント5選!見どころや時間、アクセス方法について考察

この記事は3分で読めます

こんにちは!

梅の花が咲くか咲かないか。まだまだ寒い日が続いていますね!
しかし確実に春はやってきています。
寒いからと家の中だけで節分を行うのはもったいない。
各地の節分イベントで厄払いをして気持ちよく一年を過ごしませんか?
うっかり初詣に行きそびれた人も大丈夫。
今回は神奈川県内の節分イベントを5つ紹介したいと思います!!!
見どころや時間アクセス方法についても書いてみましたので参考までにみてください♪

大船観音寺


節分と言えば2月3日ですが、大船観音寺の豆まきは毎年2月1日に行われます。
1,000名の入場制限がかかるので、気になる人は早めに行きましょう!

【見どころ】12時開場、14時豆まきですが入場制限がかかります。
確実に参加したい人は早めに行くほうがいいですね。寒さ対策はしっかりとしてください。
豆袋に番号が書いているのでなくさないように。抽選で景品がもらえますよ。
【時 間】 2月1日 12時開場 14時〜豆まき

【住所】神奈川県鎌倉市岡本1-5-3
【アクセス方法】
<電車>

JR大船駅西口より徒歩5分

江島神社


マリンスポットとして有名な江島
さすがにこの時期マリンスポーツを楽しむ人はあまりいませんが、邪気を払ってもらうために豆まきに参加する人が多くいます。
天気が良ければ富士山も見えるので、ぜひ一度は行ってみましょう。

【見どころ】豆まきの袋の中に当り札があれば豪華景品と交換してもらえます。
6~7回ほど行われる豆まきですが、途中歌謡ショーが行われるのは江島神社だけではないでしょうか。
【時 間】 2月3日 12時30分〜節分会、13時〜 豆まき 特設会場にて6回ほど開催


【住所】神奈川県藤沢市江の島2-3-8
【アクセス方法】
<電車>

小田急線 片瀬江ノ島駅 徒歩15分
江ノ島電鉄 江ノ島駅 徒歩15分
湘南モノレール 湘南江の島駅 徒歩15分

スポンサードリンク

大本山總持寺

石原軍団を始めとして有名人が多く豆まきに参加する大本山總持寺。
先着200名は誰でも参加可能なので、一緒に豆をまきたい人はぜひ早めに行きましょう。

【見どころ】故石原裕次郎さんが眠るお寺として有名な大本山總持寺。
石原軍団が毎年豆まきにやってきます。あの俳優さんに会いたい!のなら早めに行きましょう。入場整理券がないと入れませんよ。
【時 間】 2月3日 10時開場 12時節分会追儺式


【住所】神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1
【アクセス方法】
<電車>

JR京浜東北線 鶴見駅西口より徒歩5分
京浜急行線 京急鶴見駅より徒歩7分

鎌倉長谷寺


高砂部屋の力士さんが毎年やってくる鎌倉長谷寺。
今年も高砂部屋の誰かが来てくれると思います。お相撲さんが好きな人は見逃せませんね。
お年寄りや子供向けにお菓子が入った「子ども福豆」もまいてくれるので、小さい子どもがいても安心です。

【見どころ】福豆は三角の袋に入っています。
中に豪華景品の当り券が入っていたり、五円玉が入っていたりするので、しっかりとチェックしましょう。
【時 間】 2月3日 11時15分


【住所】神奈川県鎌倉市長谷3丁目11−2
【アクセス方法】
<電車>

JR横須賀線 鎌倉駅下車 バス「長谷観音」下車 徒歩5分
小田急線藤沢駅下車 江ノ電 長谷駅より徒歩5分
<車>
横浜横須賀道 朝比奈ICから県道204号 約30分

箱根神社(九頭龍神社)

ゲストはいませんが、一風変わった節分祭です。年男年女は打豆船に乗って湖の上の鬼に豆をまくことができます。
寒い時期ですが、ここならではの豆まきを楽しめますよ。

【見どころ】神主さんが水上スキーで登場!芦ノ湖湖畔で水上スキーを履いた赤鬼や青鬼が逃げ回る姿を見れるのはここだけです。
【時 間】 2月3日 11時 所役・年役による節分祭の行列始め
11時30分〜 節分祭
12時〜 豆まき、追儺式
13時〜 湖上鬼追い、神主による湖水お清め


【住所】神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
【アクセス方法】
<電車>

新宿駅より小田急箱根高速バス 「山のホテル」下車 徒歩3分
湯本駅より伊豆箱根バス 「元箱根」下車 徒歩10分
湯本駅より箱根登山バス 「元箱根」下車 徒歩10分

まとめ


今回紹介したイベントは、豆だけでなく豪華賞品がもらえる当り券が多く含まれています。
入場制限が行われることもあるので、ゲットしたい!と思う人は早めに行きましょう。
どこも人出が多く混雑します。電車など公共交通機関を使っていくといいですよ。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。