雛人形はいつ出す?いつしまう?飾る意味や何歳までかの目安も

この記事は3分で読めます

こんにちは!

節分が過ぎたと思ったら、一気に店頭にひなあられが並びだしましたね!
まだまだ寒いですが、女の子には嬉しいひな祭り!
年に一度しか飾らない雛人形いつ頃だしたらいいのでしょうか?
いつまでも出していると、嫁に行き遅れると言われたりするので、いつまでにしまった方がいいのでしょうか?
雛人形を飾る意味や、何歳まで飾っていいのか?の目安も紹介します。

雛人形はいつ出す?


3月3日は嬉しいひな祭り♪
さて雛人形はいつから出そうかな?
一般的には、2月4日の立春を過ぎたら雛人形を出しても構いません!
節分に豆をまいて厄を払ったその後に雛人形を飾ると、すがすがしい気持ちになりますよね!
忙しくてなかなか出せない!と言う方も、せめて1週間前には雛人形を出して飾ってあげたいですね。

地方によっては、雨水(うすい)の頃に飾る所もあります。
二十四節気の一つ、雨水は温かくなってきて雪や氷が解け始めたとされる日です。
農耕民族である日本人にとって農業の準備を始める大切な日です。
2月18日や19日頃に当るので、こちらを目安にしてもいいですね♪

女の子の気持ちとしては、できるだけ早く出してほしい!ってとこでしょうかね!
雛人形を飾る時は、あらかじめ掃除をして場所を清めましょう♪
天気のいい湿気の少ない日に出します。
人の手は汚れがついているので、手袋をして扱うようにしましょう。
小さな道具もたくさんあるので、小さい子どもさんがいる時は特に気をつけてください。
毎年悩むのが、人形の場所と小物です!
写真を撮っておくと、来年のためにいいですね。

ちなみに、向かって左がお内裏様、右がお雛様なのは、『現代風』です。『欧米風』の並び方ですね。
もともとは、向かって左がお雛様、右がお内裏様です!こちらは『京風』と呼ばれます。

雛人形はいつしまう?


さて3月3日の桃の節句が終わったら、雛人形はいつしまうのがいいのでしょうか?
いつ片付けてもいいのですが、旧暦でひな祭りを祝う地域もあります。
その際は旧暦の4月3日まで飾って、その後片付けるといいですね。

特に決まりはありませんが、二十四節気の一つ、啓蟄(けいちつ)に片付けるのがいい、という地域もあります。
大体3月6日頃ですね。
暖かくなってくる季節で、虫も出てくる、その前に片付けましょう、という意味でしょうか。

よく言われるのは、「雛人形をしまうのが遅れると、嫁に行き遅れる」。
おばあちゃんに言われたことありませんか?
子どもの頃は心配しましたが、でも大丈夫、『迷信』です。
つまり「ひな祭りが終わったのに、いつまでも雛人形を片付けない」=「お片付けのできない子はお嫁に行けない」といいうしつけの言葉だったのです。

啓蟄にとらわれずに、雛人形をしまう日はよく晴れた湿度の少ない日に片付けるようにしましょう。
やはり手袋をして、人形には直接触れないように気をつけましょうね!

スポンサードリンク

飾る意味


お内裏様とお雛様を飾る雛人形。
もともとは貴族の女子が紙人形で遊んだ、「ひいな遊び」が原型と言われています。
遊んだ紙人形を川に流して、厄払いを行っていました。
時代が下るにつれて、紙人形から職人が作る豪華な人形に変ってきました。
こうなると川に流すのはもったいないですよね。
そこで室内に飾って、女の子の厄を人形に移して厄払いするようになりました!

ちなみに雛人形もいろいろな種類があるのをご存じですか?
私の実家は7段の本格的な雛人形を飾っていましたが、マンションではなかなか場所がとれないです。
代表的な雛人形を紹介します。

<親王飾り>
お内裏様とお雛様、お二人だけを飾る雛人形です。
最初からアクリルケースに入っていて、年中飾っておくことができるタイプもあります。
金額もお手軽なので、ちょっと豪華な人形にしても負担はそんなにありません。

<三段飾り>
一段目に、お内裏様とお雛様。
二段目に、三人官女。
三段目に、御所車やかごなどを飾ります。
お人形を収納していた箱を利用して飾るコンパクトな三段飾りもあって、マンションでも飾りやすいです。

<七段飾り>
一段目に、お内裏様とお雛様。
二段目に、三人官女。
三段目に、五人囃子。
四段目に、右大臣と左大臣。
五段目に、3人の仕丁。
六段目と七段目に、道具類を飾ります。

ザ雛人形!といった豪華さです。
実家でも座敷を半分占領するくらいの場所が必要になります。

何歳まで飾る?


小さい時は早く出してと待ち望んでいた雛人形。
大きくなるにつれ、今年は出す?出さない?なんて悲しい会話をしたりしますよね。
飾るのは楽しくても片付けるのが大変な雛人形。
一体何歳頃まで飾るものでしょうか?

雛人形は何歳まで飾る、という決まりはありません!
結婚したら婚家にもっていって飾ったり、実家に残しておいて飾ってもらうこともあります。
雛人形には自分の厄が移っていると考えることから、娘が生まれても引き継がない方がいいと言われています。
新しい雛人形を買ってあげる方がいいそうですよ!

まとめ


昔は子どもが成人するのが難しく、子どものうちに亡くなることもありました。
そのために子どもの厄を人形に託して、子どもの成長を願っていたのですね。
嫁に行き遅れるよ!というのは迷信にしても、せっかくの雛人形飾ってあげたいですよね。
ひなあられやちらし寿司で楽しく祝いましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。