お花見の意味や由来とは?桜の種類や三色団子を食べる意味について考察

この記事は3分で読めます

こんにちは!
寒い寒いと言っていても、はやってきます。
梅の花が咲き始めたら、ももうすぐですね。
春と言えば桜!桜といえばお花見!
桜が咲いたらお花見に行きますが、これっていつ頃から行われているのでしょうか?
ソメイヨシノが有名ですがその他の桜の種類や、お花見につきものの三色団子の意味についても調べてみました。
今年のお花見はちょっと物知り顔ができますよ。

お花見の意味


平安時代に貴族が行った花見は、娯楽と言うより神事の意味が強かったです。
サクラ=サ+クラ=神+座る場所
田の実りをもたらすサ(神)座る場所(クラ)、と言う意味ですね。
桜が咲くころは温かくなって田植えの準備が始まる、その目安として重視されたのです。
この頃は八重桜で花見を行っていたので、まさに田植えの準備の時期なのです。
農耕民族として稲作を行っていた日本人にとっては、大切な行事だったのですね。

お花見の由来

お花見、その名の通り「花を見る」ことですよね。
花ならなんでもお花見と言えますが、一般的に花見というイメージです。
花=桜となったのは平安時代からです。それ以前はでした。
嵯峨天皇が「花宴の節」を行ったのが、桜の花見の起源と言われています。
貴族が優雅に桜をめでる花見ですが、時代が下るにしたがって武士や庶民にも広まるようになっていきました。

江戸時代になると、庶民の楽しみとして幕府が桜の植樹をあちこちに行ったりしています。
花見で大活躍のソメイヨシノは江戸時代に作られた品種なのです。

桜の種類


開花予想ではソメイヨシノが使われています。
桜の名所の実に8割がソメイヨシノと言われています。
しかしそれ以外にも日本にはたくさんの桜の種類があります。

桜は、バラ科サクラ亜科サクラ属に分類されます。
野生の桜もあれば、人が手を加えた園芸品種もあります。
600種ほどあるといわれているから、驚きですよね。
桜の品種と花の色、咲く時期を紹介します。
咲く時期は東京を基準にしています。

スポンサードリンク

一重桜

ウスズミサクラ(薄墨桜) 白色 4月中旬
ウミネコ(ウミネコ) 白色 3月中旬
エゾカスミザクラ(蝦夷霞桜) 薄紅色 4月中旬
エドヒガン(江戸彼岸) 薄紅色 3月中旬
オオシマサクラ(大島桜) 白色 4月上旬
カワズザクラ(河津桜) 桃色 1月下旬
カンザクラ(寒桜) 薄紅色 2月上旬
ソトオリヒメ(衣通姫) 薄紅色 4月上旬
ソメイヨシノ(染井吉野) 薄紅色 4月上旬
フダンザクラ(不断桜) 白色 4月上旬と秋
ブラックチェリー(ブラックチェリー) 白色 5月上旬
ヨコハマヒザクラ(横浜緋桜) 紅色 3月中旬

八重桜

アイヅウスズミ(会津薄墨) 白色 4月中旬
ウコン(鬱金) 薄黄色 4月中旬
エドザクラ(江戸桜) 薄紅色 4月中旬
カマタリザクラ(鎌足桜) 薄紅色 4月下旬
カンザン(関山) 濃桃色 4月下旬
ギョイコウ(御衣黄) 薄緑色 4月下旬
キリン(麒麟) 濃紅色 4月下旬
ジュウガツザクラ(十月桜) 薄紅色 4月上旬と秋
シラユキヒメ(白雪姫) 白色 4月上旬
ソノサトキザクラ(園里黄桜) 黄緑色 4月下旬
ピンクパーフェクション(ピンクパーフェクション) 濃紅色 4月下旬
フゲンゾウ(普賢象) 薄桃色 4月下旬
ヤエムラサキザクラ(八重紫桜) 紫紅色 4月中旬
ヨウキヒ(楊貴妃) 薄紅色 4月中旬

枝垂桜

キクシダレ(菊枝垂) 4月中旬
センダイシダレ(仙台枝垂) 白色 4月中旬

日本三大桜は?

ちなみに日本には3つの桜の名所があるはご存知ですか?

それが、、、

・山梨県北杜市武川町の山高神大桜(ヤマタカジンダイザクラ)
・岐阜県本巣市の薄墨桜(ウスズミサクラ)
・福島県田村郡三春町の三春滝桜(ミハルタキザクラ)

です。ぜひ桜の季節に見に行きたいですよね♪

三色団子を食べる意味


花見に三色団子を食べるきっかけを作ったのは、豊臣秀吉と言われています。
慶長3年、京都の醍醐寺で行われた大規模な茶会で、秀吉は各地の銘菓を使いました。
ここから花見には甘いお菓子を食べるという習慣が出来たのです。

江戸時代になると、江戸の団子屋が花見の季節に団子を売り始めました。
三色団子は上から、桜色(赤)ですね。

桜色(赤):太陽。春を意味する。
白色:雪。冬を意味する。
緑色:新緑。夏を意味する。

あら?秋を意味するものがありませんね。
秋がない→あきない→飽きない、というオチです。

もしくは、、、

桜色(赤):太陽
白色:白酒
緑色:ヨモギ

を意味すると言う意見もあります。
高級和菓子店の三色団子になると、緑にヨモギが使われています。
薬草としても使われるヨモギで、体も元気になりそうですね♪

赤い桜のつぼみが咲いて白い花が出て、花の後には緑の葉が出てくる、という桜の順番を表しているという考え方もあります。
三色に色々な意味を込めた、花見にピッタリの和菓子ですね。

まとめ

南の方からやってくる桜前線♪
桜前線と一緒に北上しながら、日本各地の桜を見れたら素敵だな~といつも思います。
その時は地域の銘菓を楽しみながら、秀吉公気分で優雅に花見をしたいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。