離乳食初期の赤ちゃんはいつから?食べていい食材やダメな食材、量はどのくらいが適量?

この記事は2分で読めます

こんにちは!

赤ちゃんが寝返りをしたり、お座りをするようになってくると行動も活発になってきますよね。そうするとエネルギーもたくさん使います。となると、おっぱいやミルク以外から栄養をとる準備「離乳食」を始める頃ですね。私たち大人とちょっと違う離乳食、どういったものなのか、食べていいものと悪いものなど詳しく紹介していきます~♪

離乳食初期の赤ちゃんはいつから?

始める目安としては、赤ちゃんが生後5~6ヶ月になってからです。これ以上前に始めてしまうとアレルギーなどのリスクが生じる可能性があります。赤ちゃんの成長には1人1人違いますよね。
始める目安を詳しくみていきましょう!

【首、腰が座っている】
きちんと食卓に座ることができるのは条件です。だっこして支えて座れるようになっていれば大丈夫です。

【スプーンを口に入れても嫌がらない】
スプーンを赤ちゃんの口にそっと入れてみて、舌で押し出さなければ口にものが入ることへの抵抗や違和感がない証拠です。

【生活リズムが整っている】
授乳や睡眠などの生活リズムが整っているかです。離乳食はあげる時間をなるべく決めて進めます。

【大人の食事を欲しそうにしているか】
大人が食事をしているのを見て一緒に口をもぐもぐしたり、よだれを垂らしていれば赤ちゃんが食べることに興味を持っている証拠です。

【赤ちゃんの体調のいい日に】
初めてのことをする日は赤ちゃんの体調がいい日にしましょう。風邪をひいていたり、お腹を壊しているときは無理をせず、他の日に変更しましょう。

スポンサードリンク

食べていい食材やダメな食材は?

最初の1週間は10倍粥だけをあげてみましょう。1ヶ月目は、おかゆ、野菜、果実のみです。2ヶ月目よりタンパク質や小麦類を始めてみましょう。ただし、すりつぶしてペースト状にしましょうね。

【野菜類】
ほうれん草、大根、にんじん、ブロッコリー、じゃがいも、かぼちゃ、キャベツ、かぶ、白菜、小松菜、玉ねぎ、さつまいも、トマト、ミニトマト、カリフラワー、トウモロコシ

【果物類】
りんご、いちご、桃、みかん、メロン、すいか、なし、バナナ

↑は、食べていい食材です。それ以外はダメです。肉類や、魚介類もまだですね。上記のものも、湯むきをして種をとったり注意する点があるので気を付けましょう。

気を付けてほしいのは、初めて食べさせるものは1さじからにしましょう。そして、もし何かあった場合すぐ病院へ受診できるように平日の午前中にしましょう。

量はどのくらいが適量?

適量ってよくわからないですよね!食べさせ過ぎてもダメだし、食べなさ過ぎてもダメだし。
もちろん個人差はあるのであくまで目安として見てみてくださいね!

~1週間 10倍がゆ小さじ1~4杯  
~2週間 10倍がゆ小さじ4~5杯 野菜小さじ1~2杯
~4週間 10倍がゆ 30g 野菜 15g
豆腐・魚 5g
1ヶ月~2ヶ月 5倍がゆ 50~80g 野菜 20~30g
魚・肉 10~15g
または豆腐30~40g
3ヶ月~4ヶ月 5倍がゆ 80~90g 野菜 30~40g
魚・肉 15g
または豆腐 45g

危険とされている食材

ここまで食べて良い食材、ダメな食材等紹介してきましたが、その中でも危険な食材についても紹介します!

【お刺身は、3歳までは避けましょう!】
お刺身には寄生虫が潜んでいる場合があり、赤ちゃんの胃腸では処理しきれません。中毒になる危険性が高く、最悪のケースでは死に至ります。3歳ごろまで食べさせなければ安心です。

【はちみつ避けましょう!】
加熱では死滅しないボツリヌス菌が含まれている場合があります。市販のカステラや、ホットケーキ、アイスなどに含まれている場合がありますので購入する際は気を付けてください。

まとめ

最近、ニュースで赤ちゃんにはちみつ食べさせて死んでしまったというのを目にしたことがあります。「まあ、いいか」という軽い気持ちで赤ちゃんにあげないようにしましょう。手遅れにならないよう、分からない場合は調べて食べさせていいのか確認するようにしましょうね。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。