【家計の見直し】主婦必見の方法やポイント!節約に関するマメ知識

この記事は2分で読めます

こんにちは!

家計の見直し、主婦のあなたはどうしていますか?毎月の家計費を少しでも節約したい・・
とあれこれ考えてみるけれどなかなか減らない家計費に悩んでしまう・・
そんなあなたに今回家庭の中でできる家計費の見直し節約に関する知識をご紹介したいと思います。

家計の見直し方法

あなたの家の家計費って毎月どれぐれいかかっているのでしょう?
そして毎月通帳から引き落としになっている固定費にはどういったものがあるのでしょう?

通帳から引き落としになっているものとして一般的には電気代、電話代、ガス代、水道代、携帯代、新聞代、住宅ローン、保険など様々なものがあります。これらの固定費はあなたの家の支出として毎月かなりの金額を占めていることになります。

ここでこの固定費の中でも大きなウエートを占める電気代、電話代、ガス代、携帯代金など主に4つの項目について、あなたにもできる節約方法をまとめてみました。

電気料金

アンペアを変更する→基本料金を下げることができます。
・50Aアンペア~40Aアンペアで →年間2,500円程度
・50Aアンペア~30Aアンペアで →年間6,000円程度
エアコンの設定温度を  夏と冬で工夫し、扇風機と併用するとよいでしょう。
エアコンのフィルタの掃除をするようにしましょう。
省エネタイプのエアコンに買い替えることも検討しましょう。

電話料金

さまざまなプランがでていますあなたの家計にあったプランの変更を考えてみましょう。
光ファイバーを利用したひかり電話などのプランは、基本料金だけではなく、通話料金も安くなります。

ガス料金

ガス会社の比較→ガス会社を比較し、乗り換えも検討するとよいでしょう。
ガスで沸かしたお風呂は、保温シートを使い冷めにくくする工夫をしましょう。

携帯代金

格安プランに乗り換えることを考えてみましょう。
さまざまなサービスプランがありますので家族全員の分を検討してみてもいいでしょう

プランの見直しや使い方を工夫していくことは節約にはとても大切ですね。
食費日用品、ガソリン代などの支払い方などは、クレジットカードなどではなく、現金で支払う習慣にしたいものです。 領収書などあなたが管理しやすいスタイルを考えてみましょう。

 

スポンサードリンク

節約に関するマメ知識

あなたの意識で変わる家計運営
見直し対象としては、忘れやすいものに住宅ローン保険料などがあります。
一度契約したら終わりではなく、あなたの家の環境が変わったときは見直しを
するタイミングとなります。

住宅ローン

1度借りたらそりっきりではなくて、年数や借入残高に応じて借り換えも検討してみることをおすすめします。複数の銀行から見積もりを取るとよいでしょう。
一般的には残高1,000万円以上期間10年以上金利差1%、あったらメリットがでると言われています!

保険料

保険料にもさまざまなものがあり、主に生命保険、車の任意保険などがあります。
あなたの家庭の環境が変わったときなどは見直しをしていくと良いでしょう。
保険会社によってはタバコを吸わない人には安い掛け金で済んだりするので見直ししてみて下さい!

まとめ


見直しの第一歩は家計費を大きく占める固定費の見直しからとなります。
内容を見直していくと年間の家計費は、随分減らしていくことができますよ♪
家計を運営する中で主婦のあなたが意識していくことで、全体の家計費はを大きく節約することができますので是非実践してみてくださいね!

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。