奨学金破産って何?審査基準やならないための対処法や心構え!

この記事は4分で読めます

奨学金破産と言う言葉を聞いた事ある!
って人も多いと思いますが、自分には関係ないと思ってませんか?
実はそれが今問題になっています!
大学生の2人に1人は奨学金を借りているのが現実です!

そもそも奨学金破産って聞いた事あるけど何?
ならないためにはどうすればいいのか?をまとめてみました!
他人事では済まされない世の中になってきていますので少しでも参考にしてみてください!

奨学金破産とは?

【参考】朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000004-asahi-soci

上記の記事が出ていたので参考までに載せてみました!
奨学金破産を知る前にまずは奨学金の制度について調べてみましたので簡単に見ていこうと思います!

そもそも奨学金とは、、、

【日本学生支援機構(JASSO)】
経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行う制度。
また、経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」する制度となっています。

高等専門学校、専修学校専門課程、大学、大学院(放送大学などの通信制大学・大学院を含む)に在籍する学生に対して、奨学金を貸与します。
奨学金には第一種(無利子)、第二種(有利子)などの区分が設けられており、第一種の方が採用基準が厳しく(学力等)、第二種は条件(保護者の年収等)を満たせば借りる事のできる制度となっています。

この制度で学生時代に借りたお金が社会人になって返せない!
っていうのも社会人になって就職し、所得が一定の基準に満たない人が大勢いるのが現状だと思われます!
私の周りでも借りていた友達が多いので心配です、、、

その借り入れた奨学金を返済することができない事を奨学金破産と呼ぶようです!

平均年収と中央値

平均収入などよくニュースになりますよね?
ですがそれを聞いている限りそこまで収入がないの?って疑問に思う人も多いと思いますが、平均年収って結構参考にならないのはご存知ですか?
参考までに国税庁のホームページです↓
https://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2017/minkan/index.htm

これを見ても女性の平均年収は特に低いですよね。
また業種によっても大きく異なるので就職先が所得の低い業種のケースでは返済が困難だったり、地域男女でも格差があり、そのうえ非正規雇用のケースだとより収入が低くなってしまいますね。

ただ平均年収って、これが結構落とし穴で『平均』って例えば101の平均は?って問題があるとすると『5.5』になると思います!
平均値というのは、各個人が大きく差のない事象の場合には、有益な指標として使えるのですが差があると、あまり目安にはならないのです!
会社においては新入社員から役職に就ている偉い人もいますよね!
給料を沢山もらっている人もカウントされているわけですから実態を写していない事がわかっていただけると思います!
また平均年収の年齢を見てもどれも40代オーバーなので参考にはあまりなりませんよね♪

そこで年収を見る時には『中央値』という数字を見て見てください!
中央値は、年収が低い順(高い順)に国民を並べたときに丁度真ん中になる人の年収を表している為、一部の富裕層の年収は中央値に影響せず、中央値は「普通の人」の生活水準により近くなる傾向があります。

例えば億万長者が小さな町に引っ越してくれば平均年収はつり上がってしまうが、年収の中央値はほとんど変わらないですよね!
大金持ちが一人引っ越して来たただけで、「普通の人」の生活水準が変化するとはいえず、中央値のほうがより直感に近い事がわかると思います!

なので年収を見る時は中央値を参考にしたほうがより実態経済を反映しているので参考になりやすいと思いますよ!
ちなみに平成28年の平均年収が約422万に対して中央値は約400万円となっています。
乖離しているので自分の現状を把握するには中央値を参考にしてみたほうが良さそうですね!

【参考】DODA平均年収・中央値
https://doda.jp/guide/heikin/2012/age/data.html

上記のサイトでみると大学卒業後の23歳の中央値は260万円。
30歳の中央値が400万円なので返済できないのも想像できますよね。

スポンサードリンク

奨学金の審査基準

奨学金はどういう人が借りれるの?って思う人も多いかと思います。
日本学生機構ホームページ
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/zaigaku/koho_kettei.html
上記のホームページを見てもわかるように日本学生機構で借りるには学力基準・家計基準があります。
親の収入のわかる源泉徴収なども提出する書類になります。

その基準を満たした人が借りる事ができますよ!

奨学金破産にならないための対処法?

まずは奨学金破産にならないためには借りない!
ってのが一番良い事かもしれないですが、それでは制度の意味がないですよね!
進学を諦めなくてはいけない学生も多くいると思います。
それに既に借りている人もいると思いますが、破産すると返済は免れますが財産を処分されたり、連帯保証人を設定している場合は、連帯保証人が借金を肩代わりして支払い続けなくてはならなくなる事です。
できる限り自分で返済を考えている方は、自己破産を避けるために、どのような方法があるのでしょうか?

減額返還

日本学生支援機構の奨学金の場合、災害や経済的困難、傷病のために奨学金返還が難しいとき、一定期間、返済金を半額にしてその分、返済期間を延長することを願い出ることができる制度です。

返還期限猶予

また、半額でも支払いが困難な場合は、一定期間、支払いを猶予してもらうこともできる制度です。
連帯保証人が必要な奨学金の場合は、親権者などの人を立てるのではなく一定の保証料を支払うことで保証機関が連帯保証人になる「機関保証」を選択することもできます。
途中で機関保証に変更できることもあるので、奨学金を利用している人は、保証人や返済規定を再確認し変更するのも選択肢です。

借りている機関によっては猶予を与えてくれたりする制度もあるみたいですね!
ますは困ったら借りているところに相談してみてください!

奨学金破産にならない為の心構え

自分の夢のために進学したのに、その業種全体の収入が低くて破産するケースや奨学金を借りていて大学時代に遊び呆けてしまい返済に困るってケースとか色々あると思います。
真面目に頑張っている学生もいるので悲しいですよね!
個人的に大事になってくるポイントを5つまとめてみました!

・大学時代にアルバイトをして資金を作る(学業がおろそかになっては意味がないので注意)
・就職先の業種が奨学金の返済に困らない業種か?
・奨学金を勘違いして遊びに使いすぎる
・大学進学が全てではない
・資金繰りの計画を立てる(月いくらの返済で何年で支払い終わるか。それには収入がいくら必要か?)

厳しいがこれが今の日本の現実なのかなぁと思うと悲しいですね。
大学生でここまで考えている人はさすがに少ないと思うので、しっかりと指導してくれる周りの環境も大事になるのではないでしょか?
※あくまで個人的な意見です。

まとめ

奨学金にからむ自己破産の背景には、学費の値上がりや非正規雇用の広がりに加え、機構が回収を強めた影響もあるようです。
奨学金をめぐっては、返還に苦しむ若者が続出したため、機構は14年度、延滞金の利率を10%から5%に下げるたり、年収300万円以下の人に返還を猶予する制度の利用期間を5年から10年に延ばすなどの対策をとったものの、その後も自己破産は後を絶たないとされています。
もちろん借りたものを返さないのはダメだと思いますが、何かしらの事情があって返せないと言う人もいますよね。
日本に明るい未来がくる事を願っています。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。