ひな祭りっていつ?由来や食べ物の意味について考察!

この記事は2分で読めます

こんにちは!

女の子のお祭りと言えば、ひな祭りですよね♪
綺麗なお姫様やお内裏様を飾って、なんだかウキウキしてきます。
ひな祭りと言えば3月3日と思っていたのですが、旧暦で祝うこともあるとか?
改めて、ひな祭りの日や由来食べ物の意味について調べてみました。
今年のひな祭りは、ちょっと自慢できるかも♪

ひな祭りっていつ?


3月3日女の子の健やかな成長を願ってお祝いする日です。
中国では旧暦の3月3日(上巳の日)に行われていた厄払いの行事が日本に伝わったとされています!
明治時代に入ると、3月3日をひな祭りの日と定め、五節句のうちの一つと決められたようです。

ひな祭りの由来


平安時代の中頃、3月初めの巳(み)の日、上巳を節句の日と決めました。
陰陽師が神様に無病息災を願う日ですが、身分の高い女の子の災いを払うために「身代わりの人形」を流していました。
これは源氏物語や枕草子にも出てくる行事です。

もともとは男女を問わず「無病息災」を願う行事だったのですが、江戸時代ころから「女の子の幸せを願う行事」に変ってきました。

スポンサードリンク

食べ物の意味

おせち料理もそうですが、日本の行事に食べるものにはそれぞれ意味が込められています。
その食べ物について解説していきます!
意外と知らないことなので知った上で今年は過ごしてみたいですね♪

ハマグリのお吸い物


貝合わせにも使われるハマグリ。二枚貝の代表ですね!!!
二枚貝はもともと対になっていた貝としかあいません。
そのことから夫婦2人がいつまでも仲良く暮らせますように、という願いが込められています。

ちらし寿司


ちらし寿司と言えば、イベントの時に作られるお料理ですね。作り置きができて、華やかさがありますよね♪
ちらし寿司に使われる具には、いろいろなめでたい意味があります。
・えび 腰が曲がるまで長生きできますように。赤い色もめでたいですね。
・豆 健康でまめまめしく働き、マメに長生きできるように。
・れんこん 将来まで見通せますように。
・菜の花 春の象徴

菱餅


緑、白、ピンクの三段重ねになっている菱餅。
江戸時代は緑と白の二色だったそうです。
いろいろな説がありますが、代表的なものだと
ピンク:桃。魔よけ
白:雪。清浄さ
緑:草が芽吹いた様子。健康や長寿

を意味しています。
春が近づいてきて雪の下にも若菜が芽吹いてきた。桃も膨らみ始めている。という風景が目に浮かびますね。

ひなあられ


チョコ掛けなどいろいろなあられがありますが、もともとは菱餅のように3色が基本です。
屋外でも食べられるようにと、菱餅を砕いて揚げたものが原型です。
関東では砂糖で甘く味付けされたものが主流ですが、関西では砂糖醤油や塩で味付けしたものが多いです。
色には意味があります。
緑:木や若芽 春のイメージ
ピンク:桃の花 夏のイメージ
白:雪 冬のイメージ
黄:秋のイメージ

ひなあられを食べて大地のエネルギーをいただくイメージですね。

白酒


もともとは桃の花をお酒に浮かべて、一年の健康を願っていました。
江戸時代から白酒が作られるようになりました。
鎌倉市にある「豊島屋酒店」の初代の枕元にお雛様が現れて、美味しい白酒の作りからを教えてくれたそうです。
子ども達が飲む白酒ですが、実はアルコールが入っています!
子どもにあげるときは、ノンアルコールの白酒にしましょうね!

まとめ


女の子の大好きな人形遊びのようなひな祭り。
ご馳走やお菓子が並んでとても楽しそうですよね。
もともとは無病息災を願っての行事ですので、ぜひ男の子にも声をかけてあげてくださいね。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。