ホワイトデーの由来!お返しのお菓子の意味について考察

この記事は2分で読めます

こんにちは!

バレンタインデーが終わったと思ったら、ホワイトデーにはなにをお返ししようか?
モテる男性諸君は悩みますよね~
バレンタインデーのようにチョコと言う定番商品がないホワイトデー。
そもそもホワイトデーにはどのような由来があるのでしょうか?
お返しのお菓子にも意味があるとしたら?
男性のみなさん!これは知っておかなきゃダメですね!

ホワイトデーの由来


バレンタインデーは海外でも行われているイベントで、女性から男性に限らず、日頃の感謝を伝えるイベントとして、同性や夫婦の間でも広く行われています。
しかしホワイトデーは日本で誕生したイベントなんですよ♪
女性から男性にチョコを渡す日として日本にバレンタインデーが伝わったころ、男性はもらうだけでお返しする日がありませんでした。
貰いっぱなしってなんとなく気がひけますよね。

そこで福岡市の老舗菓子屋さん「石村萬盛堂」の社長がお返しの日があってもいいのでは?と思いついたのがホワイトデーです。
当時の雑誌アンケートの上位にのっていたマシュマロ。
このマシュマロでチョコを包んだ商品を思いつきました。
女性からもらったチョコ(気持ち)をマシュマロ(真っ白な愛)で包んで返す、というステキな思いが込められたマシュマロです。

この時点ではマシュマロデーと呼ばれていたのですが、この現象を見て乗り出したのが全国飴菓子業共同組合。
ホワイトデーという名前をつけて、キャンディのお返しを広めていきました。
これからホワイトデーが定着していくようになったのです。

お返しのお菓子の意味


ホワイトデーのお返しと言って思い浮かぶのは、マシュマロ?
実はマシュマロデーの時とは違った意味があるのです。

 

スポンサードリンク

マシュマロ


<意味>あなたが嫌い。
なんと真逆の意味になっているマシュマロ。
口に入れるとすぐに溶けることから、早く忘れたいという意味になってしまったようです。
当初の「女性からもらったチョコ(気持ち)をマシュマロ(真っ白な愛)で包んで返す」という意味で使いたい場合は、ちゃんと説明してから渡す方がいいかもしれませんね。

キャンディ


<意味>あなたが好き
本命の彼女にあげるならキャンディです。
全国飴菓子業共同組合の宣伝勝ちという感じもしないでもないですが、固くて割れない飴は2人の関係が割れない、という意味があるのです。

クッキー


<意味>友達でいましょう
現状維持な感じですね。
義理チョコのお返しにはぴったりかも笑

マカロン


<意味>特別な人
高級なお菓子のイメージがあるマカロン。
ちょっとお高めのマカロンをお返しするあなたは特別な存在です、という意味です。

キャラメル


<意味>一緒にいると安心する
キャンディとは違った甘みのあるキャラメル。
食べるとほっこりと安心した気持ちになるので、この意味がつけられたようです。

バームクーヘン


<意味>長く幸せが続きますように
年輪が積み重なったバームクーヘン。
2人の関係が長く続きますように、という意味を込めて、既に付き合っている二人にはぴったりですね。

マドレーヌ


<意味>もっと仲良くなりましょう
貝の形をしたマドレーヌは、縁結びをイメージさせます。
これからもっと仲良くなって恋人関係に発展できますように、という意味があります。

まとめ


女子はたとえ義理チョコといえど、吟味してプレゼントしています。
何でもいいや、とテキトーにお返しを選ぶと今後の人間関係に大きく響きますよ!
チョコのお返しにチョコって芸がないように思いますが、普段はなかなか買えないような高級チョコならもらっても悪い気はしませんよね。
くれぐれもバレンタインデーにもらったチョコの予算を下回らない金額のお礼をするのが、あなたの価値を高めるポイントですね笑

大切な人にお返しをする際は、プレゼントと一緒にお菓子を渡してみてはいかがですか?

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。