赤ちゃんのあせもの原因は?予防や対処法! 病院には行ったほうがいいの?

この記事は2分で読めます

こんにちは!

赤ちゃんの体は体温が高く、年中汗をかいていることをしっていますか?「夏はわかるけど、冬はかかないんじゃないの?」と思うひといると思うのでよくみてくださいね~!お昼寝のあと、おむつの中や、足の付け根や首元、、、、

特にきになるとおもいます!ではそのあせもの原因対処法などを詳しく紹介していこうとおもいます♪

あせもの原因


大人と比べて2~3倍汗をかくからです。まだ赤ちゃんは体の機能が未発達なため汗で体温調整しています。そのためたくさん汗をかきます。しかし汗腺も未発達なため分泌された汗がつまりやすくなっています。さらに赤ちゃんの汗腺は大人と比べると数が多く、密集しているので汗がたまりやすく、とても不衛生だそうです。では、気になる予防や対処法はあるのでしょうか?

あせも予防方法

赤ちゃんがずっと健康でいて欲しいと思うのは親の切実なる想いとしてあるかと思いますが、あせもは特に誰でもなりうる事なのでしっかりと予防方法を知っておくことが親のつとめだと思います!
我が子に不快な想いをさせたくなかったらしっかりと予防方法を実践してみてくださいね!

こまめに着替える

汗をかいたままずっと同じ衣類を着せていると肌に汗がくっついてあせもがひどくなりやすいです。外出しているときに汗をたくさんかいても帰ってきたら汗がひいていますよね。それでも自宅に帰ったときに新しい衣類に着替えさせたほうがいいです。赤ちゃんは冬の暖房でも汗をかくので常に服は清潔なものを着させるように心がけるようにしましょうね♪

おむつ交換は忘れずにする

赤ちゃんはまだ1人でおむつを替えることができませんよね。おむつの中は特に汗でムレたり排出物がたまって皮膚に炎症が起きやすいため、1番清潔にしておきましょう。汗をかいている場合はおしりふきで拭いてあげるのもいいですね♪

シャワーで流したり、清潔なタオルでふいてあげる

汗をかいたらかきっぱなしにしておくのではなく、少し面倒ですがシャワーできれいに流してあげるといいですね。赤ちゃんと一緒に出掛けるときにはハンカチタオルを持って行くといいですね♪

 

 

スポンサードリンク

あせも対処法

1、清潔に保ちましょう。あせもができたら、まずは患部を清潔に保つのを心がけましょう。こすったりすると余計ひどくなってとびひなどの二次感染が起きてしまう可能性があります。患部を清潔に保つために赤ちゃん用のウエットシート濡らしたタオルを用意しておきましょうね。

2、湯船にはつからせずに、シャワーにしましょう。赤ちゃんをリラックスさせようと湯船につからせたいですよね。しかし、その気持ちをぐっとこらえましょう。湯船に入って余計汗をかくと逆効果になるので我慢して、ぬるめのシャワーにしましょう。

病院には行ったほうがいいの?

あせもは家庭でのケアもできますが、気になるようだったら病院へ受診するのもできます。悪化して受診するよりも早めに受診するほうが治りも早いとおもいます♪「赤ちゃんのあせもって何科なのかな?」と思うひといると思います。皮膚科でも小児科でもどちらとも大丈夫です。どちらの病院へ受診しても対処法は同じみたいですよ♪

まとめ


可愛い可愛い自分のこどもは健康でいてほしいですよね。たかがあせもかもしれませんが何事も大事になる前にきちんと予防をするようにしましょうね。特に夏の暑い時期には気になると思うのでしっかり清潔にしてあげましょうね!

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。