赤ちゃんの咳の原因は?止まらない時の対処法!病院に行くタイミングは?

この記事は2分で読めます

こんにちは!

赤ちゃんのような小さい体で咳をずっとしているのを見るとつらそうですよね。
私たち大人は少し咳が止まらなくてもあまり気に止めませんよね。ですが、赤ちゃんの咳が止まらない場合、原因が風邪以外にもあるのかな?と心配するママがいると思います。大人と同様咳をしていてもほっといても治るものなのかな?と気になりますよね。では、その赤ちゃんの咳の原因対処法病院へ行くタイミングを紹介していきたいと思います。

赤ちゃんの咳の原因は?

咳にもいろんな種類の咳があります。赤ちゃんがどんな咳をしているのかをじっくり観察して、原因を知ることで適した対処法を見つけることにつながります。

鼻水や鼻づまり、たんが絡むようなゴホゴホした咳

原因は比較的起きやすい「風邪」の可能性が高いです。鼻と喉の奥はつながっているため、鼻水が喉の奥にからんでたんが増えたり、それがもととなって咳になったりすることも考えられます。

発熱と早い呼吸、明らかに重い咳

原因として「肺炎」の可能性が高いです。注意深く観察してほしいのは呼吸です。呼吸が早くなったり、呼吸困難がみられるかどうかがポイントです。「発熱」「止まらない咳」「いつもと違う呼吸」が見られたら、速やかに受診するようにしてください。

コンコン咳に、ゼイゼイ、ヒューヒューとした呼吸の音

原因として、「喘息性気管支炎」の可能性が高いです。これは「コンコンとした咳」が特徴です。発熱や鼻水、鼻づまりなどの症状が見られないことが多いです。特に気を付けてほしいのは、「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」といった空気の音がしていたらかかりつけ医に相談するようにしてください。

発熱があり、ケンケンといった咳

原因は「クループ症候群」の可能性が高いです。声帯が腫れて声がかすれ、ケンケンと犬の鳴き声のように聞こえるのが特徴です。ウイルス感染アレルギー反応が引き金になって起こる比較的に重い咳で、呼吸困難を伴う場合もあります。

2週間経っても咳が悪化している、一度に連続した咳

原因は「百日咳」の可能性が高いです。始めは鼻水やくしゃみなどの症状なので風邪だと思われがちですが、2週間経っても咳が治らず、悪化します。

 

スポンサードリンク

咳が止まらないときの対処法!

赤ちゃんは咳をするだけでもすごく疲れます。咳が長引くことで赤ちゃんの体力が消耗されていきます。症状を少しでも軽くして、早めに楽にさせてあげたいですよね。
まず、部屋が乾燥した状態だと、咳が悪化する危険性もあるので加湿器濡れタオルなどで部屋の乾燥を防ぎましょう!そして、喉に鼻水を落とさないように鼻水を吸引してあげましょう。

その他にも、お茶湯冷ましを少し飲ませてあげると痰が切れやすくなり、喉のイガイガ感が緩和されることもあるようです!
1歳を超えているなら、粘膜の炎症を抑えるハチミツを湯冷ましに混ぜると効果的とのこと!

 

病院へ行くタイミングは?

では、どのタイミングで病院へ受診するのでしょうか。風邪の場合だと急いで受診する必要はありません。
飲食を一切うけつけない、ぐったりしている、咳がひどくてねむれない、3日以上咳が止まらない、苦しそうな呼吸をしていたら受診するようにしましょう。

まとめ

病院へ受診しに行って「逆に病院で病気をもらってしまうかもしれない」という不安もありますよね。そのために、お家で赤ちゃんの状態をしっかりと観察するようにしましょう。
咳の始まりはいつなのか、どんな咳をしているのか、どんなタイミングでしているのかを落ち着いて観察してください。毎日赤ちゃんと過ごしていてママが「なにかおかしい」と感じたときはかかりつけ医に相談するのもいいでしょう♪

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。