保険見直しのメリット!タイミングや注意点、診断のポイントについて考察

この記事は4分で読めます

こんにちは!

保険の見直しあなたはどうしていますか?
保険は人生のライフステージに合わせて見直す必要性があるのはご存知だと思います
今回は、保険を見直すことで得られるメリットそして保険を見直すタイミング注意点などをまとめていきたいと思います。

金融機関に勤めていた私の個人的な意見も混ぜながら、さまざまな角度まとめてみました!
見直す際の参考になればと思いますので是非、見て欲しい内容です!

保険見直しのメリット

就職と同時に保険に入ったと言う人や友人・親・親戚等の付き合いで保険に入ったけど、保障内容など全く把握していないという人がほとんどです、、
いざ、何かあった時の為の保険にも関わらず使わなかったというか、使えたんだ!と後から気づく人すらいます。

毎月の出ていく固定費としては一生って置き換えるとばかにならないと思いませんか?
見直すことで実は、似たような保険の方が掛け金が安く済むケースは非常に多いです。
それで浮いた分はその分、貯金にまわすことも可能です!

時代によって保険は新しく作り変えられるので今の時代にあった保険に変えてよかったと言う人もいます。
この機会に保険を見直すことにより、メリットがでるかもしれないのでまだの人は是非見直ししてみて欲しいですね!

見直すタイミング

見直す際に参考にして欲しいこととしては、人生には6つのライフステージが用意されているといわれています!
人はまさかという事態にいつ遭遇してしまうかわからないですね。今の元気なあなたが、安心して生活していけるようにしたいですよね?
不測の事態への備えとして保険によって、将来設計をたてていくことで、不安を安心に置き換えていくことが可能になると思いますよ!

1.就職

健康がなにより大切な時期。バリバリ働けるように終身の医療保険などはオススメではないでしょうか。
早めに加入していく事で保険料を抑えることができます。もちろん、掛け捨て型の方が格安となります。ただ掛け捨てだと嫌と言う人ももちろんいると思いますので、解約返戻金のついているもの貯蓄機能のついているものもあるのでご自身のライフプランに合わせて検討してみるのがオススメですね!
車の任意保険などは、1カ月での乗る回数により保険料は大きく違ってきます。比較サイトなどで十分に確認の上、検討していくと良いのではないでしょうか。

2.結婚

家族を持つことで責任が生まれますよね!死亡保証の充実している掛け捨ての生命保険なんかいいのではないでしょうか?
掛け捨てにしていくことで柔軟な対応ができます。会社などで、定期付き生命保険を検討していくとよいでしょう。
あと中には、ガン家系で将来が心配と言う人は結婚をきっかけに入る人もいます。若いと以外に安かったりもするので検討してみるのもありかと。

3.家購入

不動産を購入した際、住宅ローンを組むかと思います。その際に団体信用保険に入ることになりますので、契約者に万一の際には、ローンが残債され、自宅は残ります(フラット35の場合は団体信用生命保険は任意なので注意)。なので加入している生命保険の掛け金を減額してもよいでしょう。減額した分は、保険に充てるとしたら、終身型の医療保険年金保険などに回すとよいのではないでしょうか。

4.子供誕生

子供が誕生すると、将来へ備えての学費保険の準備を検討する人もおおいのではないでしょうか?
満期を設定し、着実に教育資金が溜まるように検討していくとよいでしょう。
学資保険の場合は、契約者に万一の時は保険料は免除され目的を果たすことができます。
また、奥様の医療保険も検討するのも一つの方法かと。
家族のけがに対する保険の傷害を掛け捨てで加入していくとよいのでは?

5.子供独立

子供独立後は、将来の病気やけがのリスクに備えて、終身の医療保険を充実させるのはどうでしょうか?
合わせてがん保険なども加入するといいかと。
医療保険の手厚さを求めていく場合は共済保険などは掛け金を抑えていくことができます。ただ共済保険は年齢が上がると同時に保障内容が更新されて手薄くなり、あまり個人的にはオススメはしません。
ただ家計全体の収支のバランスが崩れないことが前提なので若いうちはいいかもしれませんね。

6.定年退職

定年退職したら、収入も減るので無理なく払っていける保険に見直した方がいいですね。現役時代に高い保険に入っていた人は、見直して安くなるケースが多々あります。ただ退職後が一番医療保険やガン保険、介護保険が必要となると思いますのでそこは無理に見直して保障が受けられなかったということがないようにしてくださいね!

スポンサードリンク

注意点

注意点としては年齢によって掛け金が上がっていくので見直してもメリットが出なくなるケースもあります。
また健康状態によっても希望する保険に入れなかったりと残念な結果になることもあります。
あと年齢によっては入れなくなることもありますしね!

余談ですが今は、非喫煙者だと保険料が安くなるの保険があります。これが結構安いです。なので喫煙者には良い話ではないですがタバコをやめた方がいいかもしれませんね。家族の為にも、、、

診断のポイント

診断においてポイントとなってくること4つまとめてみました!

1.柔軟に変化させられるか

その時の、自分自身のライフプランにあった保険を選ぶことは大事だと思います。
例えば見直すことで掛け金の増減をしたり、既契約の保険でも払済み保険に切り替えられるかなどは重要かと。
自分に家族ができたらその分、保障は充実させた方がいいですよね?

2.保険会社は一つに絞らない

保険会社は何社もありますよね?
一つの保険会社に頼ってしまうと他の保険会社で似たような保険があって、実はそっちの方が安かったりするケースがあります。
入る時は、必ず比較をすることをオススメします。月500円でも年に直すと6,000円、30年払い続けると18万円も変わってきます。
これって大きな差ではないでしょうか?

3.ライフイベント時に見直す

上記にも書きましたが、一般的に住宅ローンを組んだ時等は生命保険の見直すタイミングとされています。
結婚や出産、退職など人生を大きく変化させるライフイベント時には是非、保険も一緒に見直してみるのもポイントです。

4.目的意識

掛け捨て貯蓄型と比較して考えていく場合、ポイントとなるのは目的意識です。
しっかりと貯金したいのであれば、積立NISAや個人年金保険、確定拠出年金、貯蓄機能の付いている終身保険等様々あります。
けれど保障が心配ということであれば、掛け捨てのタイプを選んでいくことも、生活の変化に対応しやすくなるメリットもあります。
もちろん掛け捨てのタイプの方が保険料は安く収まりますしね!

まとめ


ここまでいかがでしたでしょうか?
保険の場合は生命保険料控除を受けることができるので入ることにより税金面でのメリットもありますよね!

また実際に見直すと言う場合は、保険の窓口自分で保険会社を回り比較する銀行でも見直ししてくれたりします。
見直す際は、自分の意見を必ず言ってくださいね!
いわれるがままにオススメされる保険に加入してしまっては意味がありませんから!

向こうも仕事なので人によっては売りたい商品を販売してくるケースもあります。
自分でしっかりとリサーチすることも大事になってきますね!

保険を見直すことによって安心できる生活を手に入れてください!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。