会社の送別会に行かない方法!上手な断り方やマナーについて!

この記事は3分で読めます

会社に勤めていると、いろいろな人との出会いや別れがありますね。
お世話になった人の送別会には行きたいけれど、それほどかかわりがなかったり、ましてや嫌いな人の送別会なんて行きたくありません!
人間関係を壊さないように、上手に断る方法はないものでしょうか?
行きたくない送別会の断り方マナーについて紹介します。
大人な付き合いって大変ですね、、、

会社の送別会に行かない方法


自分がお世話になったと思う人なら、予定があっても何とかして送別会に参加したいと思いますよね。
ですが嫌いな人合わない人の送別会は行きたくないですね。
自分のお金と時間を使う価値があるのか?
そう考えていきたくない、と思うのならお誘いがあった段階で断りましょう。

即答できない場合は、いつまでに返事をしたらいいか、日程を確認しましょう!
会場の人数や会費にかかわってくるので、いつまでも返事をしないのはよくありません。

上手な断り方


行かない、と決めたら、上手に伝える必要があります。
送られる本人が聞いてくることはないですが、「あの人嫌いなんで行かない」なんてことが幹事さんから他の人に伝わったら、今後の人間関係に大きく響きます。
どのよう断ったらいいのでしょうか?

家庭の事情で

「家庭の事情で参加できません。」

人はそれぞれ事情があります。
「家庭の事情で」と伝えたら、ほとんどの方は納得してくれます。
もし突っ込まれても、、
「地域の集まりがあるので」
「法事がありまして」

など伝えましょう。
地域の人や身内しか知らない予定なら、ウソがばれにくいです。

予定がある

「すでに予定が入っていまして、参加できません。」

変更できない予定が入っているようにして、断りましょう。
変更できないの?と突っ込まれても
「遠方に引っ越した友人が久しぶりにやってくるので」
「双方の親が集まって子どもの誕生日会をするので」

と自分だけの予定ではないことを伝えましょう。

親の体調など

出欠の返事を保留している場合、いつまでに返事が必要か確認しましょう。

「最近親の体調が良くなく、世話が必要。当日参加できるかわからないので、今回は欠席させていただきたい。」

家族が体調不良で予定が分からないことを伝えましょう。
それなら仕方ないね。と思ってもらえることが大切です。

スポンサードリンク

マナーについて


行きたくないけど上手く伝えられない!
送別会前日や当日まで悩む人もいますね。
幹事さんは会場を予約したり料理を手配したりと大忙しです。
ドタキャンは止めましょう!!!
本当に体調が悪くなった場合は仕方ないですが、昨日まで元気だったのに急に「体調不良で行けません。」と伝えられたら?
幹事さんに迷惑をかけることになり、あなたの信用にもかかわります。
体調不良で欠席すると伝えたら、数日は具合が悪そうに演技しなくてはいけません。
なんだか不自然ですよね。
行く気がないのなら、早めに欠席の意思を伝えましょう。

「参加したいけれど行けなくて申し訳ない」という気持ちを伝えるように意識しましょう。
送別会の会費には花束やプレゼントの費用も含まれています。
送別会には参加できないけれど、「プレゼントなどには参加したい」と伝えましょう。
幹事の方から欠席するけれどプレゼントには参加した旨が伝わります。
参加した他の人も、あなたが「送別会に参加したかったけれど事情があって来れなくて残念」という気持ちを持っていることが分かります。

参加しなかったとしたら送別会の日、送る相手に一言挨拶しましょう!
「今日は予定があり送別会に参加できずに申し訳ありません。今までお世話になりました。」
嫌いな相手だとこの一言だけでも勇気が必要です。
ですがこの一言でお互いが気持ちよく分かれられるのなら?
職場でのあなたの評価が上がること間違いなしです。

送別会が退社の日であれば、送られる人もお世話になった人に挨拶に行っているでしょう。
退社の時間になっても送られる人が自席にいない場合は、お手紙を書くと言う方法もあります。
とは言っても、嫌いな人なら書くこともないですよね
大きめの付箋に「お疲れさまでした」「お世話になりました」「元気でね」など一言だけ書いて机の上に残しておきましょう。
ちょっと味気ない感じもしますが、予定があると言って断った以上、いつまでも社内に残っていては送別会に連れていかれる危険性もあります。
周囲の人に「お先に失礼しますが、〇〇さんによろしくお伝えください。」と声をかけて付箋を残しましょう。
挨拶したいけど時間がない、という雰囲気を出すために、仕事で使う大きな付箋や普段使いしている便箋などがいいですね。
さりげなく、がポイントです!

まとめ


「嘘も方便」というと聞こえが良くないですが、人間関係をよくするためには多少のウソも必要です。
上手に断れば、お互いに不快な思いをしなくて済みます。
送別会は強制ではないので、上手に断りましょう。
職場に残された人たちとの人間関係も大切なので、スマートに断りたいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。