お賽銭の意味!いくら入れればいいの?マナーについて考察

この記事は3分で読めます

こんにちは!

初詣とかで神社やお寺に行く時、お賽銭っていれますよね?
そもそもお賽銭ってなんでいれるんでしょうか?知っていますか?
金額とかって多い方がいいのか?それとも良いとされている金額があったりしたら知りたくないですか?

行くからには、ちゃんとご利益を得たいですよね?ってことで調べちゃいました!

お賽銭の意味


お賽銭の意味や起源には諸説があるといわれているようです。
今現在では神社にお参りすると、お賽銭箱に金銭でお供えしますよね!
このように金銭を供えることが一般的となったのは、意外にも実は古いことではないのです!

もともと、御神前には海や山の幸が供えられました。その中でも特に米を白紙で巻いて包み「おひねり」としてお供えしました。
日本人は祖先の時代から豊かな自然に育まれ暮らし、秋になるとお米の稔りに感謝をしてお米を神様にお供えしました。
こうした信仰にもとづき、米を「おひねり」としてお供えするようになったのです。
しかし、貨幣の普及とともに米の代わりに、金銭も供えるようになったとされています。

そもそも米は、天照大御神がお授けになられた貴重なものとされ、人々はその大御恵(おおみめぐみ)を受け、
豊かな生活を送ることができるよう祈ったとされているようです!
今現在でも米をお供えする方もいるようですが、金銭をお供えすることも、この感謝の気持ちにはなんら変わりはありません

お賽銭箱にお金を投げ入れるところをよく見かけますが、お供物を投げてお供えすることには、
土地の神様に対するお供えや、祓いの意味があるともいわれているようです!
ですが、自らの真心の表現としてお供えすることなので、箱に投げ入れる際には丁重な動作を心掛けたいものですね!

 

スポンサードリンク

いくら入れればいいの?


お賽銭のを入れる際に「いくら入れるのが良いのだろうか?」と疑問に思った事ありませんか?

正確にいうと、決まりはないみたいです!!
あくまで、自分の裁量のようです!
ただ語呂合わせや験担ぎのようにしてお賽銭に入れている人もいるみたいなので紹介したいと思います!

五円(ご縁)関係

【5円(5円・・1枚)】ご縁がありますように
【10円(5円・・2枚)】重ね重ねご縁
【15円(5円・・3枚)】十分なご縁
【20円(5円・・4枚)】良いご縁
【25円(5円・・5枚)】二重にご縁
【30円(5円・・6枚)】安定と調和のとれたご縁(6は安定と調和の意味)
【35円(5円・・7枚)】再三なご縁(「散々なご縁」とするネガティブな意見もある)
【40円(5円・・8枚)】末広がりなご縁
【45円(5円・・9枚)】終始ご縁
【50円(5円・・10枚)】五重にご縁
【55円(5円・・11枚)】いつでもご縁
【105円(5円・・21枚)】十分にご縁
【115円(5円・・23枚)】いいご縁
【485円(5円・・97枚)】四方八方にご縁

5円だけなんてそんなに用意ができないと言う人も多いと思いますが、他の硬貨も組み合わせて良いみたいですよ!
ただ注意しないといけない硬貨もあります。
・10円・・・遠縁(ご縁が遠のく)
・500円・・・これ以上効果(硬貨)がない

「10円」「500円」って使いがちですよね。

その他に良いとされる金額

【21円】割り切れない数字なため、恋愛継続や夫婦円満の意味を表す
【31円】21円と同じ意味
【1万円】円満の意味

また、お札を入れる際は、新札を白い封筒に入れて必ず住所や名前を記してから静かにお賽銭箱に入れるのが、正式なお賽銭のやり方みたいなので、裸で入れないようにしてくださいね♪

お賽銭として使っちゃいけない金額

【65円】ろくなご縁がない、、、
【75円】何のご縁もない、、、
【85円】やっぱりご縁がない、、、
【95円】これでもご縁がない、、、

金額が高ければ良いという事じゃないですね、、、
基本的には「5円」「10円・500円」以外の硬貨を組み合わせてつかうと縁起がいいとされています!
ご利益を受けたいのであれば縁起の悪い数字は避けた方がよさそうですね!
今年は、しっかり考えてから入れてみようと思います!

マナーについて

実際に神様に参拝する際の手順について見ていきましょう!

【1】一揖(いちゆう)します。(軽くおじぎをすることです)
【2】次に、鈴があれば力強く鳴らしましょう!!!神様に自分が来たことをこれで知らせるみたいです。
【3】今度は、お賽銭を入れて下さい。お賽銭を投げつけるようにいれないで、静かに入れましょう。
【4】そして、「二礼二拍手一礼」を行います。
「二礼」神前に向かって、二回深くおじぎをします。背中を平らにして、腰を90度折ります。「二拍手」両手をのばして手のひらを合わせてから、右手を少し後ろへ下げます。肩幅ほどに両手を開いて、柏手を2回打ちます。再び、両手をあわせ、揃えて祈念をこめてから手を下ろします。
【5】「一礼」再び深くおじぎをします。

以上、一般的な流れのようです!
丁寧な作法では「一揖二礼二拍手一礼一揖」となっています。(上記に加え最初と最後に一回ずつ浅くおじぎをします)
ちなみに、この参拝の仕方は一般的なもので、神社によっては作法が異なる場合があります(出雲大社など)。
また、拍手をうつのは神様を呼ぶため、ではなく、自分が素手であること、何の下心もないことを神様に証明するためみたいですよ♪
一般の参拝者は鳥居を出てから一礼をし、帰ります。

まとめ

ここまでお賽銭について調べて見ましたが知らなかった事が多かったです。
ちゃんと意味など理解した上でしっかりと1年の始まりを神様に祈念したいですね!
お賽銭の準備だけは早めにしないと5円玉って中々出てこなかったりしますよねー。
なので忘れずに準備したいと思いました♪

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。