【新入社員】歓迎会の立ち振る舞いやお酌のマナー!挨拶の文例も考察

この記事は3分で読めます

やっと就職が決まったと思ったら、いよいよ入社です。
初めての社会人生活でドキドキしますよね。
何事も最初が肝心ですよね♪
新入社員歓迎会をしてもらえるとなったら、押さえておきたいのが立ち振る舞いやお酌のマナーです!
初めてご挨拶する方も出てくる歓迎会、、、
今後の会社生活を左右すると言っても過言ではない、正念場です!
恥ずかしくない挨拶の文例も紹介するので、食事会だ!と浮かれずに、上手に自分をアピールしましょうね♪

歓迎会の立ち振る舞い


会社によって異なりますが、今年入った新入社員を紹介する場となる歓迎会!
幹事さんに促されて、自己紹介新入社員としての抱負を話しましょう!
はっきりとみなさんに聞こえるように挨拶したいですね。

歓迎会の目的は、新入社員の紹介と職場になじめるように顔合わせすることです。
新入社員だけで固まらず、周囲の人と会話することが重要ですね!
あと、周りの方と会話をしたり、上司に挨拶に行ったりとせっかくの機会を有効に使いましょう。
上司の挨拶の後いきなりあいさつ回りすると、他の人もゆっくり食事ができません。
まずは自分の席の近くにいる人と挨拶を交わしながら料理を食べましょう!
グラスが空になっていなくても、飲み物が減っているようならお酌をしてもいいですね。

もし座席が決まっていない場合は、新入社員は下座に座ります。
下座とは出入り口に近い場所です。
上司の近くに座るように設定されている場合もありますが、とくに指定がない場合は下座で控えるようにしましょう。

現地集合の場合は、待ち合わせ時間に遅れることなく早めに行くことを心掛けてください!

POINT早めに到着して誰も入店していない場合は、誰かが来るまで店の外で待っているのがマナーです!

お酌のマナー


食事が落ち着いてきた段階で、挨拶をしながらお酌をして回るのがいいですね!
まずは自分のテーブルの人からお酌をしましょう。
自分で手酌させることのないように周りに気をつけるのがポイントです。

まず自分の名前所属を伝えて挨拶します。
その後ビールなどをお酌させていただきましょう。
人によってはアルコールが苦手な方もいるので、その場合は無理につがずに挨拶だけでも良いと思います。
無理に会話を続ける必要はないので、軽く会話をしたらタイミングを見て隣の方に移ってくださいね。
相手の名前と部署、役職が覚えられたら最高ですが、そんなに一気には覚えられないと思うので、まずは自分の名前を覚えてもらう意識で行きましょう。

役職者がまとまって座っている場合は、一番偉い人から挨拶してお酌をして回ります。
役職者がバラバラに座っている場合は、一番偉い人のいるテーブルから順に挨拶、お酌をしていきましょう。
ちなみに新入社員が一斉に、一番偉い人のもとに行くと挨拶どころではありませんよね。
そんな場合には、次に偉い人に挨拶に行っても失礼ではありませんよ。

相手にお酌をしたとき、返杯を受ける場合があります。
その時は自分のグラスを取に席に戻ってもいいですし、勧められれば近くにある未使用のグラスを使っても構いません。
最初から「飲めるやつ」と思われるとどんどん注がれてしまいますから、最初は遠慮したり、飲めない場合はそう言って断っても失礼ではないと思います。

POINTお酌をすることよりも挨拶をすることがメインです!ビール(お酒)を飲んでいない人でも声をかけて挨拶しましょう。

 

スポンサードリンク

挨拶の文例


軽く挨拶と言ってもどういったらいいか困りますよね、、、
緊張しますが大切なのは笑顔です!
姿勢を正して笑顔で挨拶しましょう。

最初の一言

「失礼いたします。」
いきなり挨拶されてもびっくりしますよね。
特に新しいテーブルに移動した時は、元気に挨拶を始めましょう。

お酌をする時

「お注ぎしてもよろしいでしょうか?」
お酌をする時は、ビール瓶のラベルが相手に見えるようにして注ぎます。
両手でしっかりと持ちましょう!
相手がビール(お酒)を飲まない場合は、「失礼いたしました」と軽く挨拶しましょう。

相手から返杯を受ける場合は、「ありがとうございます。いただきます。」とありがたくいただきましょう。
全員から返杯を受けるとかなりの酒量となります!
無理をせずに、飲めない場合は口をつけるだけにしたり、丁重にお断りしましょう。

挨拶

「○○部に配属になりました、○○と申します。よろしくお願いいたします。」
簡単に自己紹介しましょう!
その時に、出身部活趣味などを加えてもいいですね。
相手も自己紹介や励ましの言葉をかけてくれるので、しっかりと聞いて「ありがとうございます。」とお礼を伝えるといいですね。
会釈した後次の人に移りましょう。

直接の上司へ

「新入社員の○○です。まだまだ至らないところが多くありご迷惑をおかけいたしますが、一生懸命頑張ります。ご指導よろしくお願いいたします。」
入社してすぐに歓迎会がある場合は、名前もしっかりとアピールしたほうが良いでしょう!

入社後時間がたってからの歓迎会の場合は、、、
「いろいろと気にかけていただきありがとうございます。これからも頑張ってまいりますので、ご指導よろしくお願いいたします。」
これまでのお礼と今後の抱負を伝えましょう!

先輩へ

「いつも仕事を教えていただきありがとうございます。早く先輩のように仕事が出来るように頑張ります。」
入社してすぐの場合は、「いつも」ではないので上記の後文や「これからご指導よろしくお願いします。」だけでも良いと思います!

まとめ


入社後すぐの歓迎会なら、自分を覚えてもらえるようにしっかりと挨拶をするのがポイントです!
入社後時間がたってからの歓迎会なら、すでにお世話になっている方にはお礼これからの抱負を伝えるといいですね♪
これから社会で仕事していくとなると、何度も挨拶する機会があります。
まずは会社の先輩方に好印象を持ってもらえるように、元気に笑顔で挨拶したいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。