会社の飲み会で幹事に!乾杯や締めの挨拶は誰に頼む?役割やマナーは?

この記事は3分で読めます

いやー、暖かくなってきましたね。
これからの季節、送別会や歓迎会、花見など飲み会の機会が増えます。
親しい友人と気楽に飲むのならいいのですが、会社での飲み会もあります。
うっかり幹事になったりしたら、いろいろと気遣いが必要ですよね?
これをチャンスととらえて、飲み会での乾杯絞めの挨拶の頼み方役割マナーについて紹介します。
ここでしっかりと幹事を務めたら、あなたの評価がグッとアップしますよ。

乾杯や締めの挨拶は誰に頼む?

挨拶を頼むとなれば、気を使うのが順番です!
役職や人間関係など、失礼のないように頼まなければいけません。
飲み会にはどんな挨拶が必要でしょうか。

開宴の挨拶

これから飲み会が始まることを告げる挨拶です。
これは幹事が行っても構いませんし、司会がいるのなら司会に頼んでも構いません。
「今から飲み会を始めます」と簡単に告げて、初めの挨拶につなげましょう。

例:本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。時間となりましたので、飲み会を始めさせていただきます。

初めの挨拶

飲み会の最初の挨拶は、やはり会社や職場でトップの方にお願いしましょう。
社長がいれば社長に、部長がいれば部長に、参加者の中で一番役職の高い方にお願いすればOKです。
複数いる場合は、年齢の高い方や役職に長く在籍している方にお願いしましょう。

社長(上席)などはついつい話が長くなりがちですよね?
ビールを前にしてじっと話を聞くのもつらいですし、食事の時間が少なくなります。
挨拶をお願いする時に、目安時間(5分以内でお願いしたい)を伝えてもいいですね。
これは決して失礼にはなりませんよ。

乾杯の挨拶

始めの挨拶をした社長がそのまま乾杯の音頭を取ってもいいですし、別の方にお願いしても構いません。
無難な序列としては、参加者の中で3番目に役職の高い方。
意外性を狙うなら、飲み会を盛り上げるような元気な社員。
乾杯の挨拶から飲み会が始まるので、若手の元気な声で「かんぱ~い」とグラスをあげるのもいいですね。

締めの挨拶

いつまでも飲んでいたい楽しい飲み会ですが、料理もほぼ食べ終わって、時間も近づいて来たらそろそろ締めましょう。
ここでは参加者の中で2番目にえらい方(役職の高い方)にお願いしましょう。
一言ご挨拶をいただいたら、地域によって一本締めなどいろいろな方法があると思いますのでお任せしましょう。

閉宴の挨拶

絞めの挨拶が終わったら、すぐさま閉宴の挨拶で終了しましょう。
もし二次会を用意している場合は、締めの挨拶の後幹事から手早く参加者の皆さんに伝えます。
大切なのはダラダラ長引かせずに、行動させることです。

例:○○さま、ありがとうございました。本日の飲み会はこれにて終了いたします。お忘れ物に気をつけてお帰り下さい。二次会を○○店にて予約しております。お時間のある方はぜひご参加ください。

スポンサードリンク

幹事の役割

幹事は飲み会がスムーズに進むように気配り目配りが大切です!
くれぐれも自分が飲み過ぎて、羽目を外すことのないようにしましょうね!

最も大切な役割は、時間の管理です。
親しい仲間と集まって飲んでいたり、普段会わない方とついつい話が盛り上がったり、と飲み会は止ることなく続きます。
なかにはそろそろ帰りたいと思っている方もいるかもしれませんね。
会場の都合もありますので、時間を把握しましょう。

花見など時間制限のない場所での飲み会の場合は、散会のタイミングがつかみにくいです。
あらかじめ3時間の飲み会と予定していたのなら、このタイミングで一度絞めましょう。
その後飲み続けたい人は残っても構いませんが、帰りたい人が帰りやすい雰囲気を作ることも大切です。

挨拶を頼んだ方が挨拶をしてくださったら、「ありがとうございました。」とお礼の言葉を伝えるのを忘れないでください。
役職が高いからと言って挨拶が得意と言うわけではありません。しぶしぶ引き受けた方もいるかもしれませんので、感謝の気持ちはしっかりと伝えましょうね。

飲み会には参加できないけれど、ご厚意で援助くださる方がいます。
参加している方でも、上司からご厚意をいただくことがあります。
乾杯の挨拶の前や、余興に移る前など、タイミングを見て参加者に紹介しましょう。

例:「○○部長よりご厚意を頂戴しておりますので、ご報告いたします。」

マナーは?

皆が楽しく飲めてこその飲み会です。
いきなり挨拶を頼まれて困る人もいます。
挨拶を頼む人には、事前にお願いしておきましょう!
飲み会の趣旨や、挨拶の目安時間も伝えておくといいですね。
もし一人で飲んでいる人がいたら、そっと声をかけましょう。
一人を楽しんでいるのならいいのですが、話し相手が見つからず退屈することのないように気遣いが必要です。
大人の飲み会なので飲めない人にアルコールを強要することはないと思いますが、もしそのような場面があれば止めましょう。
参加者の皆が楽しく、周りに迷惑をかけずに楽しく会話を楽しめるように気を配りましょうね♪

まとめ

幹事を任された時ってプレッシャーですよね。
挨拶を誰に頼むか、店をどこにするか、悩むことばかりです。
しかし、一人で抱え込まなくてもOK!そんな時は、職場の先輩や仲間と一緒に準備しましょう。
緊張しすぎて楽しくない飲み会ではなく、みなと協力してあなたも楽しめる飲み会ができるといいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。